全国ニュース全国ニュース

最终更新 2019年10月07日(月) 17:51

四国冲でM7.9想定、「南海トラフ地震临时情报」伝达训练

 気象庁は、四国の冲合で大きな地震が発生したとの想定で、この地震が南海トラフ巨大地震に结びつく可能性がないか、调査や评価を行ったりする际に発表する「南海トラフ地震临时情报」の伝达训练を実施しました。  训练は7日午後1时すぎ、南海トラフ沿いの四国冲でマグニチュード7.9の大きな地震が発生したとの想定で始まりました。地震発生からおよそ30分後、気象庁は、この地震が南海トラフ巨大地震に结びつく可能性がないか调査を开始したことを知らせる「南海トラフ地震临时情报」を発表し、気象庁には急きょ、その评価を行うために、「南海トラフ沿いの地震に関する评価検讨会」の委员である地震研究者らが集まりました。

 その结果、「巨大地震の発生する可能性が普段と比较して高まっている」と评価されたことから、気象庁は、状况に応じて1周间程度は地震に対する注意が必要とされる「巨大地震注意の南海トラフ地震临时情报」を発表して训练を终了しました。(07日14:32)

2019年10月07日(月) 16:59


全国ニュース全国ニュース

最终更新 2019年10月07日(月) 17:51

社会